中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― Pick UP! ―

病気と闘う子ども達に寄り添う「ファシリティドッグ」 知っているとちょっと役立つヘルスケア情報を紹介。

病気と闘う子ども達に寄り添う「ファシリティドッグ」

病気と闘う子ども達に寄り添う「ファシリティドッグ」
みなさんは病気と闘う子ども達に寄り添う犬・ベイリーをご存知でしょうか?
ベイリーはオーストラリア生まれのゴールデンレトリーバーのオスで、ハワイで、医療施設で働くための特別な訓練を受け、日本にやって来ました。
病気で入院する子供のベッドで添い寝したり、時には、検査室や手術室まで付き添ったり…そういった役割を持ち、小児病院に常勤しています。
当時、日本では、かつてない試みだったこともあり、衛生面など、院内に動物を入れることに抵抗を持つ人も多く、小児病院に受け入れられるまでの道のりには、数々の困難があったとそうですが、実際に活動するベイリーの姿に、病院関係者、入院患者の親たち、そして誰よりも子供たちの心の支えとなりました。

http://kcmc.kanagawa-pho.jp/about/beiry.html​

●ファシリティドッグ「ベイリー」の紹介
上記は『神奈川県立こども医療センター』の記事を参照しています。
http://kcmc.kanagawa-pho.jp/
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声