中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中原区)―

中島 健太 院長/中島歯科クリニック(元住吉駅・歯科)の院長紹介ページ

中島 健太 院長

KENTA NAKAZIMA

歯科・医科が連携して治療にあたることで
患者さんの幸せな人生をサポートする

日本歯科大学を卒業後、勤務医を経て関東労災病院の歯科口腔外科へ。その後、実家である中島クリニック内に歯科室を開設し、2012年に『中島歯科クリニック』として開業。

中島 健太 院長

中島 健太 院長

中島歯科クリニック

中原区/井田中ノ町/元住吉駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

美術系大学を卒業して、グラフィックデザイナーを経て歯科医師に

中島 健太 院長

このクリニックのお隣にある『中島クリニック』は私の実家なのですが、医師の家庭に育ったことで、幼少期から医療は身近なものでした。とは言え、私は絵を描くことが大好きだったものですから、一度美術系大学を卒業して、企業の中でグラフィックデザイナーをしていた時期があるんです。社会人として仕事をしつつ、フリーのイラストレーターをめざす一方で、私の中にはずっと「いつか医療に携わりたい」という気持ちがあったんですね。そのため、27歳のときに歯学部を受験して、しばらくの間は「仕事をしながら大学で学ぶ」という生活を続けていました。ところが、学年が上になるにつれて大学の方が忙しくなり、本腰を入れざるを得なくなったんですね(笑)。勉強や実習に励んだおかげで国家試験をパスして、30歳を過ぎて歯科医師になりました。
母校での研修を終えた後、都内の歯科医院で4年にわたって経験を重ねるほか、関東労災病院の歯科口腔外科に勤務するなかで、抜歯など外科的なスキルを身につけました。その後、『中島歯科クリニック』を開設するまでは、父のクリニックの一角に歯科室を構えて、地域のみなさまの診療にあたってきました。

歯科と医科が連携し、1人の患者さんをトータルに診る

中島 健太 院長

『中島クリニック歯科室』として5年間診療し、その後2012年に『中島歯科クリニック』を開設しましたので、この地域の医療に携わって、もう10年以上になるでしょうか。来院される患者さんは、近隣にお住いの方が中心で、お隣のクリニックと連携して治療にあたるケースも少なくありません。幸い、内科医の父は循環器科が専門で、生活習慣病の管理なども得意としています。また、父と一緒に診療している弟は、精神科医であり認知症専門医。それぞれがお互いの知識や経験を共有し、歯科と医科が連携して患者さんの治療にあたるという点は、当院ならではの特徴かもしれません。
ここは駅から少し離れた住宅地ですから、昼間の時間帯は主婦やご高齢の方が多くいらして、夕方以降は仕事帰りのビジネスパーソンが増えてくる感じです。以前は診療時間が午後6時までだったのですが、患者さんからたくさんのご要望をいただいたことで、数年前から午後8時までに延長しました。診療予約はお電話かインターネットで受け付けています。(インターネットでは24時間受付可能)、何か症状を感じることがありましたら、お早めにご来院ください。

患者さん1人1人に、いちばん良い治療を提供したい

中島 健太 院長

『中島歯科クリニック』では、虫歯や歯周病の治療をおこなう一般歯科を中心に、予防歯科や審美歯科など、さまざまな症状に対応しています。また、関東労災病院の歯科口腔外科で診療していた経験をいかして、親知らずの抜歯などにも対応できますのでご相談ください。ご存知のように、歯科治療には保険診療と自費診療がありますけれど、当院で扱う治療はどちらも同じくらいの割合でしょうか。保険診療・自由診療を問わず、患者さんにとっていちばん良い治療ができるよう、治療の選択肢を複数ご用意し、ご提案したいと考えています。
たとえば、失った歯の機能を回復するため、今の歯科医療では「インプラント」が主流になっています。でも、ご高齢の患者さんであったり、糖尿病などの持病がある患者さんでは、インプラント治療が難しいケースも多いんですね。そうした患者さんには、インプラントではなく「入れ歯」をご提案することになるのですが、入れ歯にすることに抵抗感がある患者さんも少なくありません。たしかに、金属のバネや装着したときの異物感など、入れ歯に対しては色々なマイナスイメージがあるでしょう。それでも、自然な見た目やフィット性に優れた入れ歯をご提案することで、少しでも患者さんの心身のご負担を軽くできるようにしたいと考えています。

歯科医療を通して、患者さんの幸せな人生をサポート

歯科の治療と言うと、「痛みが伴うもの」といったイメージが強く、患者さんも少なからず恐怖を感じていらっしゃるはずです。そのため、診療の際には患者さんの恐怖心をやわらげ、なるべく痛みを与えないようにと考えながら治療を進めています。来院された患者さんに喜んでお帰りいただくことが、私たちの喜びでもあります。虫歯や歯周病の治療をするというのはもちろんですが、それ以上に、患者さんの人生が幸せなものになるように、お手伝いをさせていただきたいと思います。
お口の健康は全身の健康への入り口です。幸せな人生が長く続いていくように、みなさんにはぜひ、毎日の口腔ケアにプラスして、定期的なメインテナンスを心がけてほしいと思います。今はまだ、歯が痛くなってから受診される方、被せ物が取れたなどのトラブルがあって初めて「行かなくちゃ」と、自覚される方が多いように感じますけれど、爪や髪が伸びてお手入れをするように、歯のケアもとても大切なことです。当院でも歯磨き指導などのアドバイスをさせて頂きますが、普段見えない部分にも意識を向けて、お口の健康をしっかり守っていただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『中島歯科クリニック』は、「元住吉駅」から歩いて10分ほどの場所にあります。小さい頃から好きだった絵を描くことは今もずっと続けていて、ほかにも趣味の釣りのために竿やルアーを手づくりすることがあります。私はこうした細かい作業が好きで手先の器用さというのは、歯科医師にとって必須のスキルですから、きっと自分には素質があるのだと確信しています(笑)。これからも、地域密着型の歯科クリニックとして、みなさまの健康をサポートしていきたいと考えておりますので、何かお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中島 健太 院長 MEMO

  • 出身地:川崎市
  • 趣味・特技:釣り(ルアー、フライ)、スキー、イラスト(釣り雑誌で描いてますアウトドア雑誌等に掲載)
  • 好きな作家:開高健
  • 好きな映画:ロードムービーなど
  • 好きな音楽:ブラックミュージック、ラテンミュージック、昭和歌謡
  • 好きな場所:水辺(海や川のあるところ)
  • 好きな言葉・座右の銘:悠々として急げ

グラフで見る『中島 健太 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声