中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中原区)―

中島 博樹 院長/中島歯科(武蔵新城駅・歯科)の院長紹介ページ

中島 博樹 院長

HIROKI NAKAJIMA

お子さんからおじいちゃん・おばあちゃんまで、
安心して通える地域に根差した歯科クリニック

鶴見大学歯学部卒業後、横浜市内の歯科医院に勤務。2010年、中島歯科を開院(JR南武線「武蔵新城駅」南口より徒歩1分)。

中島 博樹 院長

中島 博樹 院長

中島歯科

中原区/新城/武蔵新城駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科
  • ●訪問歯科診療

祖父のように人を助ける医師になりたい

中島 博樹 院長

私の祖父は新城でも一番古くから診療している、内科の開業医でした。92歳になっても亡くなる直前まで、地域の訪問診療をおこなっていたんです。そんな祖父の姿を目にするうちに、自分の中にも自然と人を助けるという気持ちが育ったんだと思います。この道を選んだのは祖父の影響がとても大きいですね。
大学では矯正科に在籍、1年ほど学んだ後は実際に患者さんと接し臨床経験を積みました。最初にお世話になったのが小児歯科で、診療の基本は全てそこの先生に教えていただきました。お子さんの診察ができれば大人の診察はとてもやりやすいものです。5年間診療をした後は、スーパーの中にある一般歯科医院で勤務。1日にアシスタントなしで50人位診察することもあり、休む暇もないほど忙しかったですが、お陰様で効率的で無駄のない診療を学ぶことができました。最初の歯科医院では小児歯科全般、2か所めの歯科医院では、虫歯・歯周病はもちろん、入れ歯や審美歯科まで幅広く経験を積みました。その後、それまでの経験を活かしたいと考え、開院することを決意。2010年に中島歯科を開院致しました(JR南武線「武蔵新城駅」南口より徒歩1分)。当時、タイミングよくこの場所が空いたのはとても幸運なことでした。武蔵新城は祖父が診療していた場所なので、私にとってとてもなじみのある街なのです。地域の皆さんのお役に立てればと考えています。

お子さんから大人の方まで安心して通えるクリニックづくりを心がける

中島 博樹 院長

当院の診療科目は小児歯科と一般歯科。ほかにもホワイトニングや専門医による歯の矯正もおこなっています。通院困難の方に対しては訪問診療もおこなっていますよ。
開院当初からのコンセプトは、親子で安心して通える歯科医院であること。昔も今も子育てされる方が多い地域ですから、患者さんはお子さんが多いですね。付添いで来られる親御さんやおじいちゃん、おばあちゃんが受診されることもあります。そこで建物にはエレベーターを完備。車いすやベビーカーでのご来院も大丈夫です。おむつ台やトイレのチャイルドシートはもちろん、各診療台の前に独立したキッズスペースを設けてあるのも特徴の一つ。テレビもありますので、小さいお子様連れでも安心して受診していただけます。
治療の基本的な考え方は「むやみに削らない、抜かない」です。そして、患者さんの身体と心の負担を軽くすること。そのために身体への負担が少ないデジタルレントゲンやレーザー治療器を導入しています。特にレーザーにはさまざまな効果があり、健康な歯を削ることなく虫歯部分のみを削除することができるほか、炎症の沈静化や口内炎、顎関節の痛み、歯茎の腫れを効果的に治療することができます。また、治療に使用する器具は全て滅菌器を用いて管理、院内では殺菌の補助として酸性水を用いています。お子さんから大人の方まで安心して治療を受けられるクリニックでありたいと思っています。

今後も重視したい予防歯科

中島 博樹 院長

歯の健康を維持するために、予防は非常に大事です。虫歯や歯周病の予防はもちろん、入れ歯や被せ物などの人工物で補修をした後も長持ちさせるためには、予防は必要不可欠です。歯の補修物はいわば人工臓器の様なものなので、当然メンテナンスも必要です。心臓に入れるペースメーカーでも定期的にチェックしますからね。
ですから当院では予防歯科には特に力を入れており、歯科衛生士とドクターが協力していきたいと考えています。大人の方は歯を失わないようにすることをメインに、歯周病を中心とした予防治療のほか、歯を削らなくて済むように初期虫歯の予防やクリーニングもおこなっています。お子さんはクリーニングやフッ素を活用した虫歯予防ですね。そして、日頃のブラッシングによるケアも重要です。しかし、なかなかうまくできない方も多く、我流で歯磨きし続けた結果、歯を悪くしてしまう方も少なくないんです。歯を悪くしたくない、これからも歯を失いたくない…という方は非常に多いので、そうならないためにクリーニングやブラッシングの指導でお手伝いをしたいと考えています。お子さんの場合も日頃のチェックやサポートが大切ですが、忙しいお父さん・お母さんには手が回らないことも多いかもしれません。当院でもできる限りお手伝いしていきたいですね。

専門医への紹介も。柔軟な対応で患者さんの負担を軽減する

治療で最も大切なのは、患者さんへのしっかりとした説明です。当院ではきちんとした説明と同意の上での治療、インフォームドコンセントを重視。お口の状態、考えられる治療方法、リスク等を十分にご説明し、納得いただいてから治療に入ることを方針としています。診療の際には各診療台の前に設置されたテレビモニターで治療内容を解説する2D映像を流して、一緒に見ながらご説明します。治療開始後もお口の中を撮影した写真をお渡ししていますので、ご自宅でも治療内容や進度をご確認いただけます。
また、当院ではお子さんの治療に際して押さえつけるなど、無理矢理治療を進めることは致しません。十分に練習をつみ、段階を踏んで慣れてから治療に移ります。女性のドクターが担当するなど、お子さんの状態に応じて対応も変えていきますが、それでも治療が進まない場合には近所で診療している専門の先生のところにお願いするなど、柔軟に対応しています。大切なのは、無理なく治療を終えること。全ての患者さんを自分の所で処置するのではなく、得意分野のある先生や適切なところをご紹介するのも一つの方法です。ですから近隣のドクターとの仲もいいんですよ(笑)。

これから受診される患者さんへ

歯石を取りに歯医者さんへ行く方もいらっしゃると思いますが、もっとも大切なのは歯石自体をなるべくつけないようにすること。これが歯を長持ちさせる秘訣です。そのために大切なのが日々のブラッシングなんですが、歯は磨き方一つとっても実は非常に難しいものなんです。基本的に教えてくれる場所もないものですから、どうしても我流になってしまうんです。当院では歯科衛生士など歯のケアのプロがお教えしますので、まずは一度メンテナンスに来てみていただければと思います。歯のチェックを通して日頃のケアに興味を持ようになり、ずっと通っていただく方も多いですよ。ご自分のペースでいいですから、髪の毛を切る感覚で気軽に来ていただきたいですね。
当院は「武蔵新城駅」南口から徒歩1分の場所にあります。歯のことで何かお困りのこと、気がかりなことがあればご相談ください。お子さんからご高齢の方までドクターとスタッフが親身になり対応させていただきます。

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中島 博樹 院長 MEMO

  • 出身地:川崎市
  • 趣味・特技:キャンプ、アウトドア
  • 好きな言葉・座右の銘:備えよつねに
  • 好きな場所・観光地:北海道

グラフで見る『中島 博樹 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声