中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(中原区)―

城戸 秀美 理事長/クローヴァキッズデンタル(武蔵中原駅・小児歯科)の院長紹介ページ

城戸 秀美 理事長

HIDEMI KIDO

小児歯科専門医として30年、専門ドクターとも協力し、
お子さん、親御さんに優しい治療を大切にする

昭和大学歯学部卒業後、同大学歯科病院小児歯科学教室にて小児歯科、障害者歯科の診療に従事。1994年、横浜市都筑区にクローヴァ歯科クリニックを開院。2014年、中原区に姉妹病院としてクローヴァ キッズ デンタルを開院。(JR南武線武蔵中原駅より徒歩4分)。

城戸 秀美 理事長

城戸 秀美 理事長

クローヴァキッズデンタル

中原区/下小田中/武蔵中原駅

  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科

なじみのある地域の方に歯科診療を提供したい

城戸 秀美 理事長

私が医学の世界に興味を持ったのは、高校生の頃に見た体の中を舞台にした映画に感銘を受けたのがきっかけです。周りの友だちも医学部志望の理系が多かったためか、自然と普段する話も医学に関することが多く、体の中は面白いと思い医学部・歯学部に行きたいと考えました。小さいころからセーターや手袋を作るなど手先が器用だったことや子どもが大好きだったこともあり、周りからも向いてるんじゃないかと言われていました。ですから、最初から小児科か小児歯科という希望は決めていました。
昭和大学歯学部卒業後は、大学の歯科病院小児歯科学教室に所属。小児歯科や障害者歯科の診療にあたっていました。1994年、横浜市都筑区にクローヴァ歯科クリニックを開院。その後2014年、姉妹病院として川崎市中原区にクローヴァ キッズ デンタルを開院致しました。(JR南武線武蔵中原駅より徒歩4分)。実はクリニックのあるエリアにはなじみがありまして、勤務医時代に週一度お世話になっていたクリニックがある場所なんです。地域の方の温かい雰囲気が好きでいつか開院したいと思っていたんですが、ちょうどタイミングよくいい場所が見つかったため開院を決意したんです。

小児、矯正歯科から一般歯科・手術まで専門のドクターが対応

城戸 秀美 理事長

当院の診療科目は小児歯科と矯正歯科、予防歯科まで対応しています。複数の医師で治療を行って理うことも特色で、私が小児歯科全般を、矯正歯科は院長で大学時代からの友人でもある柿沼先生が診療を行っています。ほかに口腔外科と一般歯科ができる専門の先生にも来ていただいていて、手術や中学生・高校生の診療をお願いしています。

小児歯科では口腔関係の手術や、お口の周りのちょっとした手術が必要なこともあります。親知らずの抜歯はもちろん、舌が動かない方や、舌と口の距離が近すぎる方のため希望があれば舌の下側の筋を切る手術なども行うこともあります。英語の発音を勉強する時に発音を上達させたいと希望される方もいらっしゃいますね。
当院のスタッフは全員女性で皆さん小児歯科治療のプロフェッショナルです。お子さん達もなじみやすいようで慣れて友だちのようになってしまい、ほかの歯医者さんに行けないという方や、中学生になっても引き続き通ってくださる方もいらっしゃいます。全身疾患がある方の歯科治療に関しては昭和大学をはじめ、専門の医療機関と連携を取り治療しています。

予防歯科治療やお口のトレーニングでお口の成長を促す

城戸 秀美 理事長

今後特に力を入れて行きたいのが予防歯科治療です。お子さんの予防歯科には虫歯を防ぐことのほか、お口や歯の正しい成長を促す目的もあるんです。歯ブラシの使い方から始まって、食生活へのアドバイスまで行いますよ。年齢は1歳位からでも大丈夫です。
例えば、離乳食は与え方にもコツがあるんです。お子さんの口の形を見ると筋肉の成長が具合が分かります。成長がしっかりしていない場合には離乳食の与え方に問題がある場合も多いんですよ。スプーンの出し入れで口の筋肉が鍛えられたり、食材の切り方で前歯の使い方が変わってきたり、離乳食の与え方一つでお口の成長が変わってくることもあるんです。ですから、お子さんが口を自然と使える方法や食生活指導も含めてアドバイスさせていただいています。できれば早いうちに一度ご相談に来ていただければと思います。
また、舌や口の周りの筋肉の調和がとれていることが大切だというのが私の考えです。予防歯科と一緒に1日5分から10分程度でできる舌を上や横に動かしたり、口を閉じたりといった口腔筋機能トレーニングも行っています。歯並びも変わってくるので、矯正治療の治療が必要なくなる方もいらっしゃるんですよ。予防とトレーニングを行ってから様子をみて矯正治療という流れにしています。

しっかりとご相談の上、ご希望に合わせた治療を提供

私も院長の柿沼先生も小児歯科医として30年以上治療を行ってきて、今まで1万人以上のお子さんを治療してきました。治療は一時様子を見る場合から完璧に治す場合までさまざまなケースがあるんですが、歯科医になったばかりの頃は虫歯が一つでもあるとすぐに治療してしまいましょう…という考えだったんです。でも子育ても経験するなかで、あんなに無理やり治療をしなくても良かったかな…と思うようになりました。
たとえばとても泣いて治療を嫌がっている場合には、治療を受けられるようになるまで虫歯の進行止めを使い、様子を見ながら治療を行うのも一つの方法です。実際、進行止めを使いながらゆっくり治療をして、永久歯になったら全く虫歯がなくなったお子さんもたくさん見てきています。

ただ、私たちが最良と思っていても、親御さんには必ずしも最良ではない場合もあるんです。さまざまなご事情で早く綺麗にしたいという場合もあるんです。もちろん、自分の子どもであればこうしますといったアドバイスはさせていただいています。ただ、最終的に治療を選ぶのは親御さんですので、しっかりとしてご説明の上相談して決めていただく方法をとっています。小児歯科の専門医として患者さんのご希望に柔軟に対応した治療を提供できるようにする、というのが今の治療スタンスです。歯科医療も日に進歩しています。今後も小児歯科専門医として新しい技術知識について勉強し、患者さんに提供しながらより良い治療を提供できるように努力して行きたいですね。

これから受診される患者さんへ

ある時、フッ素が目的でいらしていたお母さんに「離乳食はやってますか」とお話をお聞きしてみると「こんなこと相談していいんですか」と言われたことがありました。子育てをしていると、離乳食が遅い、食べるのが遅いといったささいなことが気になることは多いですが、なかなか皆さんご相談できないようですね。ほかにもお話を聞いてみると「こんなことで来ちゃいけなかったのかな」とおっしゃる方はとても多いんです。
今のお母さんたちは私の娘と同世代の方も多く、「育児、がんばってるね」と応援してしまうみたいな感覚なんですよ。口が開いている事が多い、形が気になる、お口の周りが白い気がする、これは歯に関係しているのかな…などなんでもかまいません。ちょっとでも歯やお口のことで困ったら、となりのおばちゃん感覚で気軽にご相談に来てほしいですね。(笑)

※上記記事は2018年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

城戸 秀美 理事長 MEMO

  • 出身地:
  • 趣味:テニス、旅行、犬好き(トイプードル2匹、柴犬1匹飼っています)
  • 好きな本・作家:風と共に去りぬ、赤川次郎、東野圭吾
  • 好きな映画:風と共に去りぬ
  • 座右の銘:いつか笑い話になるからくよくよしないで今日の風に吹かれましょう 
  • 好きな音楽:中島みゆき
  • 好きな場所: テニススクール

グラフで見る『城戸 秀美 理事長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート