中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中原区)―

権藤 宏 院長/ごんどう整形外科(武蔵新城駅・整形外科)の院長紹介ページ

権藤 宏 院長

HIROSHI GONDO

整形外科と脊椎の専門医として
患者さんのあらゆるニーズにお応えする

昭和大学医学部を卒業後、同大学の藤が丘病院整形外科に入局。脊椎の疾患を中心に研鑽を積むほか、米・カンザス州立大学メディカルセンターへの留学を経験。豊富な知識と経験をもって、「武蔵新城駅」そばに開業。

権藤 宏 院長

権藤 宏 院長

ごんどう整形外科

中原区/新城/武蔵新城駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科
  • ●リウマチ科

父と同じ整形外科医となり、脊椎疾患を中心に研鑽を積む

権藤 宏 院長

父が整形外科の開業医をしていて、自宅はクリニックのすぐ近くにあったんですね。父は真面目な性格で、急患があると夜間でも駆けつけるようなドクターでした。私は小さな頃から父の後姿を見ながら育ち、長男として「自分が跡を継ごう」と考えるようになったのです。
昭和大学医学部卒業後は、藤が丘病院の整形外科に籍を置き、その後23年にわたって脊椎の疾患を中心に診療してきました。この間には、側弯症治療の研究のために米・カンザス州立大学メディカルセンターに留学した時期もありました。その後、『ごんどう整形外科』を開設するまでは、外来診療のほかに1,000症例以上もの手術を担当し、知識とスキルを磨いてきました。

子供から大人、ご高齢の患者さんまで、幅広いニーズに対応する

権藤 宏 院長

武蔵新城の駅前に建つビルで診療していることもあり、小さなお子さんからご高齢の方まで、地域にお住いのたくさんの患者さんにお越しいただいています。また、インターネットなどで検索されて、私が脊椎の疾患や側弯症を専門にしていることを調べて、横浜や川崎の方から足を運んでくださる患者さんもいらっしゃいます。
午前中に来院されるのはご高齢の方が中心で、膝や腰、首の痛みを訴える患者さんが多いでしょうか。日中や学校帰りの時間帯になると子供の患者さんが増えてきて、外傷の治療や側弯症のご相談を受けることが多いですね。夕方以降はお仕事帰りの若い世代が来院され、長時間のデスクワークによる腰痛を訴えるケースが多くみられます。当院では、整形外科専門医による診療に、理学療法士によるリハビリテーションを組み合わせ、患者さんお1人お1人にいちばん良い医療をご提供しています。

患者さんのつらい痛みを、少しでも早く和らげたい

権藤 宏 院長

大学病院に在籍していた当時は、外来診療に、手術にと、忙しい毎日を送っていました。自分の治療によって患者さんが良くなって、「ありがとうございます」と感謝の言葉をいただけることは、医師として何よりも嬉しいことでした。残念ながらこのクリニックで手術に対応することはできませんけれど、つらい痛みを訴える患者さんの苦しみを少しでも和らげるお手伝いをしたいと思っています。
「痛くて、痛くてたまらない…」、そう訴えて来院される患者さんには即効性のあるブロック注射などによって、つらい痛みを和らげます。また、私の専門である「側弯症」を正しく診断するため、一番上の頚椎から一番下の仙骨まで、脊椎すべてを撮影できるレントゲン機器を導入しています。大学病院にも引けを取らない高品位な医療機器を導入して、正確な診断と適切な治療をおこなっていますので、何かお困りのことがありましたら、気軽にご相談いただきたいと思います。

患者さんの気持ちに寄り添い、つらい痛みに共感する

来院される患者さんのほとんどは、体のどこかに痛みを感じていらっしゃるわけですから、まずはその痛みを受け入れてさし上げる、と言いますか。診察の際は患者さんのお気持ちに寄り添い、つらい痛みに共感することから始めるようにしています。こちらが共感を示し、患者さんが心を開いてくださるようになったら、次は「どんな時に痛いですか?」「こんな事をすると痛みを感じませんか?」という感じに問診をしながら、正確な診断につなげます。
私も医師になってこれまで、本当にたくさんの患者さんを診療してきましたけれど、私の手を離れた患者さんが今も元気でいらっしゃることが、医師である私への評価だと言えるかもしれません。20数年前、アメリカ留学前に手術を担当した患者さんが、80歳を過ぎた今もご自分の足で歩いていらしたり、私が担当した患者さんのご家族が、わざわざ当院を選んで通院してくださったり。そうした患者さんとの出会いを大切に、1人でも多くの方が笑顔になるような診療をしていきたいですね。

これから受診される患者さんへ

『ごんどう整形外科』は、「武蔵新城駅」南口ロータリーの一角に建つビルの5階・6階にあります。整形外科と言うと、ご高齢の方が通うイメージがあるかと思いますけれど、長い時間パソコンやスマホの画面を眺める若い世代の方にも、腰痛やストレートネックなどの症状が増えています。また、椎間板ヘルニアの発症には、遺伝的なものが関係していることがありますので、若いから安心ということはありません。当院では、医師による診療のほか、理学療法士によるリハビリテーションを受けていただくこともできますので、何か気になる症状がありましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

権藤 宏 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:大分
  • 趣味・特技:ゴルフ、ギター、音楽鑑賞
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 好きな音楽やアーティスト:エリック・クラプトン、ビートルズ、吉田拓郎
  • 好きな場所や観光地:イタリア、ハワイ

グラフで見る『権藤 宏 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声