中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中原区)―

佐藤 牧 理事長/さとうクリニック(武蔵小杉駅・内科)の院長紹介ページ

佐藤 牧 理事長

MAKI SATOU

経験豊富な内視鏡治療や痔の治療をはじめとして
内科から外科まで幅広い診療を提供する

北里大学病院を卒業後、同大学病院に勤務。外科を中心に内科、救急救命センターで臨床経験を積む。その後ドイツに留学し、ベーシックな治療について研鑽を積む。帰国後は地方病院の外科医長を経て、2003年、さとうクリニックを開院(武蔵小杉駅より徒歩5分)。

佐藤 牧 理事長

佐藤 牧 理事長

さとうクリニック

中原区/小杉町/武蔵小杉駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●消化器内科
  • ●肛門科

地域医療に携わることを念頭に臨床経験を積む

佐藤 牧 理事長

私の家は歯科医院をしており、親戚にも医療関係が多くいる家系でした。医療が身近にある環境で育ったこともあり、この道を目指したのはごく自然なことだったかもしれません。周囲に開業医が多かったこともあり、大学で学んでいた当初から開院のことは視野に入れていました。そのためにはより多くの経験を積む必要があります。ですから、大学卒業後は附属病院の外科や救急救命センターなどで臨床経験を積みました。
その後、ドイツに臨床医療を学ぶために留学。最先端の医療よりも基本的な治療を重視して学びました。開業医として地域医療に貢献するためには、患者さんの症状を的確に診断、治療できる必要がありますからね。確実に治療するためにどんなことが必要なのか、新たな視点で学ぶことができたのは今の診療に役立っていると思います。帰国後は病院の外科医長を経て、2003年、さとうクリニックを開院いたしました(武蔵小杉駅より徒歩5分)。

内科から外科治療、健康診断まで幅広い診療科目に対応

佐藤 牧 理事長

クリニックのあるこの場所ではもともと親戚が産婦人科の診療をしていました。ちょうど開院を考えていたときにタイミング良くお話をいただき、この場所で開院することを決めました。当時はまだ武蔵小杉駅周辺の再開発も始まってないころで、昔ながらののんびりしたいい街でしたね。今は開発が進みタワーマンションも建設され、若い家族の方も多く住むようになりました。お子さんからご高齢の方もまで、バランスよくお住まいのエリアになりつつあるなと感じています。
当クリニックの診療科目は内科・外科・消化器内科・肛門外科です。風邪や高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療から、甲状腺機能異常や睡眠時無呼吸症候群、皮膚のおできや腫瘍の切除、痔の治療まで、内科・外科の幅広い診療に対応しています。
また、就業時や入学時など各種健康診断もおこなっていますので、普段の生活でお困りのこと、体に違和感を覚えることがあればご相談いただければと思います。

検査実績数千例、経験豊富な胃カメラと大腸カメラの検査

佐藤 牧 理事長

当クリニックが特に力を入れているのが上部、下部の内視鏡検査です。上部内視鏡検査は「胃カメラ」、下部内視鏡検査は「大腸カメラ」といった方が分かりやすいかもしれませんね。2017年10月に、カメラの解像度がより高い新しい機種を導入し、精度の高い検査が可能になっています。
私は勤務医時代には外科を中心としてさまざまな診療科目の経験を積みました。その中でも特に多くの臨床経験を積むことができたのが、内視鏡による診察です。勤務医としてお世話になった病院ではそれぞれ内視鏡の経験を積ませていただいただけでなく、最後に専門として取り組んだのが消化器関係です。ですから、内視鏡検査に関しては開業するまでに2000例、開業後も合わせると数千例の経験があります。あまりに臨床経験が多すぎて、専門医の資格を取る時に疑われるのは困りましたけどね(笑)。同年代のドクターと比べても臨床経験は多いと思います。
当クリニックの胃カメラでは、鼻から入れるタイプを選択できます。また、大腸カメラでは検査をするだけでなく、小さなポリープがあった場合にはその場で切除してしまうことも可能です。また、検査の結果、もし入院や手術が必要になった場合でも、聖マリアンナ医科大学をはじめとして適切な医療機関をすぐにご紹介いたしますので、ご安心いただければと思います。
内視鏡検査は定期的に検査を受けることが大切です。胃カメラの場合、最低2年に一度、ピロリ菌のいる方、除菌された方の場合はできれば毎年受けていただければべストです。大腸カメラの場合にはポリープが見つかったことがある方は毎年、そうでない方では3年から5年に一度は検査をおすすめしています。また、健康診断の便潜血検査で要再検査と言われた方は早急に、40歳を過ぎた方も一度は検査を受けていただきたいですね。

地域のかかりつけ医として、体だけでなく心の健康も気にかける

地域のかかりつけ医として私が大切にしていることは、ただ体の健康を診るだけでなく患者さんの心の健康も気にかけることです。なじみの患者さんとよくお話しすることはもちろんですが、お子さんの患者さんで挨拶がきちんとできていなければ、しっかりと教えるようにしています。挨拶は健康な心の基本で、最近は大人の方でもできない方が増えています。できない時にはしかることもあります(笑)。お子さんは地域のこれからを背負う大切な存在ですから、身近で接する大人としてしかるところはしかり、ほめるところはしっかりとほめて地域の皆さんと見守っていきたいですね。これからも地域の一員として力になっていければと考えています。

これから受診される患者さんへ

当院にみえる患者さんのほとんどは近隣にお住まいの方ですが、特に内視鏡を使った検査・治療と痔の治療で受診される方が多いです。痔の自覚症状は「痛み・腫れ・出血」という3つの症状です。痛みがひどいにも関わらず、受診をためらう方も少なくありませんが、急な出血でショックを受けて受診される方がとても多くいらっしゃいます。受診に抵抗があるお気持ちは十分わかりますが、放っておいても良くなることはまずありません。市販薬を使っても良くならない場合には、思い切って受診された方が、状態が悪くなる前に治療できます。できるだけ早めに受診していただきたいですね。

※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐藤 牧 理事長 MEMO

  • 出身地:栃木県
  • 趣味:ゴルフ、競馬
  • 好きな映画:『タワーリング・インフェルノ』『ミッション:インポッシブル』
  • 座右の銘・好きな言葉:明日は明日の風が吹く(笑)
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:サザンオールスターズ
  • 好きな場所:府中競馬場

グラフで見る『佐藤 牧 理事長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート