中原区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(中原区)―

渡辺 慎 院長/渡辺こども診療所(新丸子駅・小児科)の院長紹介ページ

渡辺 慎 院長

MAKOTO WATANABE

感染症対策からこころのケアまで地域の小児科医療を担う
患者さんや地域との繋がりを大切にするドクター

獨協医科大学卒業後、同大学小児科勤務、猿島赤十字病院小児科部長を経て、2004年、渡辺こども診療所を開院(新丸子駅東口徒歩3分)。

渡辺 慎 院長

渡辺 慎 院長

渡辺こども診療所

中原区/新丸子東/新丸子駅

  • ●小児科
  • ●アレルギー科

お子さんの成長を見られることが一番の原動力

渡辺 慎 院長

私はもともと川崎市が地元で、叔母と曽祖父が地域に根差した医院をしていました。診療を通じて患者さんや地域の方にとても信頼されている姿を見て育ったので、私自身も自然と医師を目指すようになったのです。小児科を選んだのは、大学時代、尊敬する先生に勧められたことがきっかけです。消化器や心臓、循環器など、体の場所で専門が分かれる大人の診療科と違い、内科や外科、時には心のことも含めた総合的な診療が必要な小児科にとても魅かれました。
独協医科大学卒業後は、大学病院の小児科で小児科全般と小児アレルギー疾患を専門に診察。アレルギー研究に携わった後、栃木県や茨城県の関連病院で研鑽を積み、2004年、渡辺こども診療所を開院しました(新丸子駅東口より徒歩3分)。近隣の保育園や小学校の校医も務めています。お子さんは回復力も強いので、治療もやりがいがあります。何よりもその子達の成長を見られることが一番嬉しいですね。家族やお母さん方のお子さんを思う気持ちに応えられる診療を心がけたいと思っています。

患者さんと接することが医療の原点

渡辺 慎 院長

開院を決意したのは、勤務医時代の経験がきっかけです。私が勤めた病院は、患者さんだけでなく、自治体の方からもとても頼りにされました。大学でのアレルギー研究も大切と思ったのですが、地域に根ざした医療の大切さを痛感し、やはり患者さんに接することが医療の原点なのかなと感じましたね。それならば、自分が生まれ育った川崎で地域医療を提供したいという考えが、開院に繋がったのです。
当院の診療科目は小児科全般。風邪やお腹の痛みといった症状から、私の専門であるアレルギー疾患まで幅広い症状に対応しています。先代の叔母が診療の際大切にしていたことは、患者さんに優しく接すること。開業医の一番の目的は、患者さんがなんでも気軽に相談できることだと思っています。 今は昔と比べると病気で受診されるよりも、日常のちょっとしたことでご相談される方も増えています。困っているお母さんやお子さんの目を見て笑顔で話をお聞きすることを第一に心がけ、なんでも気軽に相談できる小児科であることをモットーにしています。そして、必要なタイミングで患者さんを大きな病院にご紹介することも開業医のもうひとつの役割です。身構えることなく、患者さんがいつでも相談できる環境づくりを心がけています。

感染症対策に力を入れ、専門のアレルギー疾患にも対応

渡辺 慎 院長

お子さんは大人に比べると体の抵抗力がまだ未熟ですから、感染症にかかる機会も少なくありません。そのため当院では、2次感染を防止するためにも感染症にかかっている患者さんは入り口を別にして物理的に感染を防ぎ、予防接種には専門の時間を設けて時間的に感染を防ぐ、という感染症対策を取っています。また、感染症が蔓延することのないようにスタッフとも意識を共有して診療しています。
患者さんは近隣の方が多いですが、私の専門がアレルギーということもあり、 喘息の患者さんやアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどでお困りの患者さんも多くいらっしゃいます。 アレルギーの患者さんも昔のように、これをしちゃいけないといった診療ではなく、 この子の肌をきれいにするためにこうしていきましょう、みんなと同じように運動できるようにお薬を頑張りましょう、というように患者さんやご家族をサポートするスタンスで治療をしています。

患者さんとのつながりを大切に、良き相談相手になりたい

今は進学や進級など環境の変化で、不登校や心の問題などを抱えるお子さんも増えています。当院でも、小さい頃から診ているお子さんご本人が相談に来てくれることもあります。主に思春期のお子さんが多いですが、ちょうど独立心も芽生える時期でもあるので、なかなか親御さんはコミュニケーションをとりづらいかもしれません。もし、お子さんが心の問題を抱えていると感じた時は気軽にご相談ください。お子さんご本人やお母さんの相談相手になれればと思っています。
また、最近では、勤務医の頃に診察していた患者さんがお母さんになり、お子さんが生まれて、年賀状などでご報告をいただくことや、子育ての悩みをご相談いただくことも増え、とてもとても嬉しく感じています。川崎で開業してまた14年ですが、今後も患者さんとそういった繋がりを作っていければいいなと感じています。

これから受診される患者さんへ

小児科医として診療をしていて感じるのは、子育てをしているお母さんの辛さです。病気のお子さんが辛いのはもちろんですが、付き添いでくるお母さんも子育てで大変ストレスを感じているのか、とても辛そうな顔で来られます。昔と違い、今は子育ての相談を気軽にできる場面もそれほど多くありません。たくさんある不安なことに、少しでも力になりたいですね。
医者と言うと怖い、話しづらいといったイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが 、当院は子育てに悩んでいる親御さんの力にもなりたいと思っています。診察の際には、患者さんや親御さんが不安にならないように、必ずお子さんの目線まで下がってお話を聞くようにしています。付き添いで来られるお父さん、お母さんも気になること、困ったことがあれば、どんなことでも気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

渡辺 慎 院長 MEMO

小児科専門医 /アレルギー専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:アイスホッケー、マラソン、サッカーやスポーツ観戦、川崎フロンターレサポーター、サップ
  • 好きな本:オールジャンル
  • 好きな映画:オールジャンル
  • 好きな言葉:笑う門には福来る
  • 好きな音楽:日本のロック
  • 好きな場所:三浦半島(サップをやるため)

グラフで見る『渡辺 慎 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート